新製品情報やお得な特価情報等々を無料でお届けします。 ニッコーエクステリア・メールマガジン
line_green
ニッコーエクステリア株式会社
ニッコーエクステリア所在地
お問合せ
line_green
top >> ニッコーエクステリア・メールマガジン
ニッコーエクステリア・メールマガジン
 
mail_mag
■ 2017-2-22
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 Hygge = ヒュッゲ
ヒュッゲとはデンマーク語で “居心地のよい時間や空間” を意味しておりますが、他の国の言葉では置き換えられない日常生活のチョットした幸せそのものだそうです。
1週間の平均就業時間が34時間とヨーロッパで最も少ない労働時間に学費は原則無料、失業保険は2年間・・・と北欧独自の高い物価や税金に見合った社会保障と世界で最も所得格差の少ない社会構造に要因があるとも言われております。

 自宅のキッチンガーデンで育てたハーブやプチトマトをのっけて、手作りのピザ窯でカリカリに焼き上げたピザを庭のガーデンテーブルで気の置けない友達や家族とほっこりしながら楽しむ!! そんな “心地のよい空間” 作品も集まりました。
Design & Photo Contest 2016 入賞作品の発表です!!
logo 続きはコチラ!!
mail_mag
■ 2017-1-20
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 Las(t) Boss = ラスボス
ラスボス感が極め付きと評判になった【NHK真田丸】で吉田鋼太郎さんが演じられた “織田信長” 西欧風のモダンな出で立ちで板張りのお城をコツンコツンとロングブーツで歩くさまは脳裏に焼き付けられていた日本史の教科書に登場する人物とはイメージが違っていました。
ラスボス=ラストボス でしてゲームの世界でいうところの・・・
世界を恐怖と暴力で支配している悪の親玉で最後に立ちはだかる高い壁のことです。
今年の大河ドラマ【女城主 直虎】でも発見いたしました。 春風亭昇太さんが演じられていますが・・・す・すごいですww

凄みはありませんが、ガーデンシンク・ショートタイプに満を持しましてLas Boss を送り込ませていただきました!
logo 続きはコチラ!!
mail_mag
■ 2016-10-21
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 Bounce Back = バウンス・バック
一般的にはあまり聞きなれない言葉ですが、先週のLPGA女子プロゴルフトーナメント 【 富士通 レディース 】 で見事に初優勝を果たした松森 彩夏選手の試合後のコメントで耳にいたしました。
・・・いつも “バウンス・バック” を心がけています。
直訳しますと「立ち直る」という意味ですが、精神力の勝負でもあるといわれるゴルフ競技では、うまくいかなかった後にすぐにスコアを取り戻し相手に隙を与えないプレーをすることだそうです。メンタリティが欧米人に比べて強くはない!?と揶揄されがちな日本人ですが、インターナショナルな活躍には欠かせないファクターなのでしょう〜。。。
ここは・・・ “ バウンス・バック ”の意気込みで今年も皆さまからの楽しくて自由で素敵な作品のご応募お持ち申し上げております。
【 NIKKO Design & Photo Contest 2016 】 募集開始いたします。
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2016-8-26
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 リオデジャネイロオリンピックの余韻も冷めやらない日々が続いておりますが、NIKKOの土木資材工場がある徳島県で四国唯一のメダリストが誕生してなんだか誇らしい気持ちにさせていただいております。
第3セット16-19の劣勢からの大逆転で見事金メダルに輝いた女子バドミントンの “高松” ペアの松友美佐紀選手です。

 選手のポテンシャルを最大限引き出そうとリオにはハイパフォーマンスサポートセンターが設けられ、コンディションを整えるトレーニング施節や炭酸泉やサウナ風呂などと共に大人気だったのが和食を中心とした日本で食べている普段通りの食事だったようです。
 現在の日本の食料自給率は40%ほどですが、野菜に関してはナス96%・キュウリ93%・トマト55%と手軽さも相まって頑張っております。
今回はキッチンガーデンのある素敵なお宅をご紹介いたします!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2016-6-17
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 晴天率が全国TOPの讃岐地方もこの時期は梅雨空が続いて蒸し暑い日中を過ごしておりますが、朝晩は逆に寒いぐらいで体温調整の服装に気を使う毎日です。海に囲まれておりますので海産物が豊富なのは当然としまして、 今日は関西方面から車で四国に向かう途中で寄り道してでもお勧めの淡路島!夏鍋【はもすき】をご紹介いたします。

淡路島で夏のもてなし料理の筆頭がこの【はもすき】でして、甘味成分が高い淡路島玉ねぎを醤油ベースの出汁で一緒に煮込んで味わいます。煮込んで身がふわっ〜と花開いたところをすかさずいただきます。
淡白な鱧と甘味溢れる玉ねぎとの相性も抜群で淡路島でしか味わえない野趣あふれる逸品です。
身体も気持ちもホクッ・ホクになりましたら・・・灼熱の太陽のもとで〜ガーデンシャワーで行水なんぞ・・いかがでしょうか ?!! www
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2016-1-28
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 40年ぶりともいわれます大寒波の到来は讃岐地方でも屋外の散水栓が凍りつき、車道も一部凍結しノロノロ運転の通勤・通学の寒を過ごしまして、あまり歓迎できる状況ではありませんが、翻って外国人の来日増加は各地で景気の底上げに貢献し活況を呈しております。

日本政府観光局の発表によりますと、2015年の訪日外国人は前年47%増加の1973万人でして、実に日本の総人口の15%を占めております。今後、世界遺産の新規登録や、ラグビーワールドカップ・東京オリンピック-パラリンピックの開催等で更なる増加が見込まれます。そんな中、大手旅行雑誌「TRAVEL+LEISURE」が発表した訪れたい世界の都市ランキングで京都が堂々1位に選ばれました。
【NIKKOガーデン&ストリーツフォトコンテスト2015】のグランプリ作品も京都の街から選ばれました!!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2016-1-12
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 寒入りしておりますこの時期は、辛口のお酒をお燗をつけていただきますと芳醇な香りとともにキリット身体中が温もり心地よいことこの上なしです ww
 日本酒の原型といわれます “どぶろく” を四国で唯一、三百年以上にわたる伝統の古式製法で醸造している三豊市豊中町の宇賀神社があります。“どぶろく”の醸造を行っている神社は全国でも四十ヶ所にすぎないそうで、春には御神酒として伊勢神宮に奉納されています。
 NIKKO本社がありますさぬき市にも、香川県で唯一 “どぶろく特区”の認定を受けた八十八番札所・大窪寺もほど近い多和地区がありまして、その酒名も 【結願御礼】 です。

大寒を前にいたしまして、お酒であたたまれない屋外の水回り製品用に 【寒冷地対応セレクション】 webカタログでご覧いただけます!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2015-12-9
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
来年開催される 『 リオデジャネイロオリンピック 』女子7人制ラグビーに日本代表 【サクラセブンズ】 が出場を決定したのは鮮烈でした。
NIKKO本社がある香川県では女子どころか男子すら年末年始の高校選手権・県予選に出場するチームは4校のみなのですから尚更です。

日本女子ラグビーの歴史は浅く32年前の1983年東京世田谷レディースが創設されたことがはじまりとされております。 肉体が激しくぶつかり合うラグビーは体力差が出やすく実力通りの結果が出るスポーツとされる中ウィングの山口真理恵選手の50m6.6秒という100m日本記録保持者福島選手並みのスピードで切り裂くランニングは爽快です。

世界女子ラグビー発祥の地のひとつとされるフランスのシャンパン・ラグビーにあやかって今年の表紙はハーフ・フレンチな16歳です!!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2015-10-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
現在開催中の 『 ラグビーワールドカップ 2015 イングランド大会 』
サッカーと同様4年に一度の開催で、次回はいよいよアジアで初めて東京オリンピック・パラリンピックの前年に日本にやってまいります。

初戦で優勝2回の強豪南アフリカを撃破しましたので大注目で中には初めてゲームをご覧になられた方も多いのではないでしょうか!?
ラグビーは発祥の英国連邦中心に発展を遂げてきましたので移民の関連もあり、ナショナルチームもクラブチーム同様国籍の縛りもなく当該国の国内リーグで3年以上プレイしていたら条件を満たします。

応募資格や応募作品の規定も必要ではありますが・・・
NIKKOでも使用製品規定のない“一般部門”を設けまして
『ガーデン&ストリーツ フォトコンテスト2015』応募を開始いたします!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2015-8-24
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
1年に2日しか列車が停車しない日本一営業日数の短い駅が香川県に存在します。うどん県で広報活動を展開中の“要潤”副知事の出身地 であります三豊市内のJR津島ノ宮駅です。今年の5月10日で開業100周年をむかえました。

1年の2日間とは毎年8月4日・5日でして、瀬戸内海の沖合に浮かぶ津島にある津嶋神社(津島ノ宮)の夏季大祭にあたります。 津嶋神社には対岸から250mの津島橋で結ばれており、大祭の2日間しか通行できませんことから【しあわせ橋】と呼ばれこの橋をカップル・夫婦・親子で渡ると幸せが訪れるといわれております。

津嶋神社は子供の守り神として信仰を集めておりますが防災の日を前にペットたちのこんな場所にも防災アイテムが設置され始めました。
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2015-6-3
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
なでしこジャパンが女子サッカーワールドカップの舞台であるカナダに向かって旅立ちました。直前キャンプは、なんと・・・女子サッカー発祥の地といわれます香川県丸亀市ではられましたので県民といたしましても本番での活躍を祈らずにはおられません!

また、ここのところ日本各地で噴火や地震が相次いでおりますので比較的地震や自然災害が少なく晴天比率や日照時間が全国トップクラスの讃岐の地が選ばれたのかも?!しれません。人口当たりの医者の数や薬局の数も多くスポーツ選手の環境としても打ってつけです!

力強さの中にもしなやかでエレガントな “ なでしこジャパン ” を
イメージいただければ幸いですが幻想的に舞う蛍を見ながらの観戦にNIKKO一押しのガーデンベンチをご紹介いたします〜。。。
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2015-3-2
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 地球を彫刻した男 20世紀の巨匠 “イサム・ノグチ”
NIKKO本社のあるさぬき市志度からほど近い高松市牟礼町に一年の半分近くを毎年過ごしたアトリエが庭園美術館として残されています。 その横にある公園には“愉快で派手なシーソー”が設置されています。

 日本医学の父とうたわれる野口英世から “医者にできることは限られている。父親のような芸術家になりなさい” と進言され芸術家への道を歩み始めたといわれておりますが、その作品には子供達が遊べる遊具やインテリアとして普及したAkari (提灯ランプ) もあり実用品と
しての遊び心にも溢れています。
 イサム・ノグチのようなファインアートではありませんが、御膝元といたしましては意志を受け継ぎ、遊び心のある“コマーシャルアート”を生み出してみました。 ガーデンシャワーの新製品のご紹介です!!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2015-1-16
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 今年の箱根駅伝!ご覧になられた方も多いと思われますが、青山学院大学の神野大地選手が約20メートル延長された山登りの5区を飄々と柏原竜二選手の記録を24秒上回る1時間16分15秒で駆け上がり、ゴール後の軽々としたランニングには仰天いたしましたww

 青学大の優勝報告会は“青学史上最大”の盛り上がりを見せたと大学広報部は伝えておりますが、実はNIKKOも青山ストリートに面したキャンパスづくりのお手伝いをさせていただいた関係者といたしまして感無量です。

 今年度の「NIKKO ガーデン&エクステリア フォトコンテスト2014」には国立大学関連や一般の方の作品もご応募いただいております。お待たせいたしました。グランプリ作品を含む入賞作品の発表です!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-12-19
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 高松の中心部に位置する『栗林公園』は国の特別名勝に指定されておりまして、三島由紀夫の長編小説『豊饒の海』4部作の第一部にあたる『春の雪』の映画化に際しても舞台となり紫雲山を借景として点在する池と築山で巧みに配された回廊式大名庭園です。
『ミシュラン・グリーンガイド・ジャパン』では最高の三ツ星に格付けされ、庭園内に咲く花々は、一歩一景といわれる変化に富んだ美しさで来園者を魅了しております。実は初代高松藩主・松平頼重公は水戸黄門様こと2代水戸藩主・徳川光圀公の長兄なのですから日本三名園の一つに数えられる『偕楽園』とも兄弟の間柄ということでしょうか!?

 大名庭園ではありませんが、アフォーダブルラグジュアリーガーデンを選ぶ 「NIKKO ガーデン & エクステリア フォトコンテスト 2014」最終審査に進みます39点のノミネート作品の発表です。
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-11-14
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 讃岐の国出身の弘法大師空海の足跡をたどる八十八箇所霊場が開創されまして1200年。道程にしましても四国四県で1200km。時はリニアモーターカーの建設決定で騒がれておりますが、それに乗りますとわずかに2時間半。現代の超高効率とは対岸に位置します歩き遍路は40〜50日かけて空海の足音を身近に感じながら亡き人の冥福を願う人、人生の再生を期す人、自分探しの人など世界中からお遍路さんがやってこられます。時には寄り道したり回り道もいとわずに自らの道しるべを見出す旅に多くの人が引き寄せられるのです。

 また今年は夕暮時の多島美が優雅な瀬戸内海国立公園が指定されて80年。NIKKOでも香川県出身のイメージモデル佐野真彩さんがレースクイーン・オブ・ザ・イヤー2013-2014に輝き、そして代表製品であるデザインパネル圧着積みブロックに7年ぶりとなる新製品「フィナート」を投入させていただきました。
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-8-25
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 ガーデン&エクステリア製品を扱わせていただいている身といたしましては、皆様がどんなお庭でどんなガーデンライフを楽しまれておられるのか?!日頃から興味が尽きませんで、ついに古今東西を問わずに、名石で造られた石庭から芝山やトピアリーが盛り沢山で公園のようなガーデンまで使用資材にも一切こだわらない部門も設けまして「ガーデン&エクステリア フォトコンテスト」を開催させていただきます。

 賞品にはこだわりましてw審査結果の発表を2015年の1月16日に予定しておりますので、全ての応募作品の中からグランプリ受賞者には、沖縄で楽園の花々と日本でいちばんの春の訪れを祝う祝祭“カヌチャ花庭フェスタ”開催期間中のカヌチャベイホテル&リゾートツアー3日間をペアで贈呈させていただきます。
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-8-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 皆様 猛暑お見舞い申し上げます。
 瀬戸内海国立公園に面しております香川県ですので、海風のお陰で都市部のようなヒートアイランド現象とまではゆきませんが、屋外に出ますとさすがに冷た〜いものがほしくなります。

 香川県はうどん県ではありますが、実はソフトクリーム王国でもありまして、小豆島特産のオリーブや、食通をもうならせる木樽の醤油入りですとかオリジナル製品がたくさんあります。
 製麺所系うどんとセットで食べ歩きますとリーズナブルかつここまでお店によって違いがあるのか?!と驚かれるはずです!?

 NIKKOでも何とか王国に恥じない製品をと思いまして・・・立水栓ユニット・モゼックにジェラートカラーを導入いたしました!!

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-7-2
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 スポーツ観戦好きな方にとりましては、梅雨空も気になりません深夜の激戦に毎日大興奮かつ睡眠不足の朝を迎えておられるのではないでしょうか?!
 サッカー観ながらテニスも気になったりで・・世界中でのTV視聴者数も過去最高とのことで、アグレッシブに攻め込む姿に今までの大会にないダイナミズムを実感させられております。

 しばらく深夜はそんな状態でしょうからww 週末の昼下がり何ぞお家をリゾートに仕立てまして気が置けないお友達やご家族達と黄昏るままの〜んびりくつろぐのにNIKKOのガーデンファニチャーは重宝!すること間違いなしです!!
 有名ホテルやイタリアンレストランでも使用されている大谷石窯を家庭用にコンパクトに仕上げたピザ窯の新製品も登場です!!

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-4-25
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 4月25日は今年度から新社会人となられた人たちにとりましては多くが初任給を手にする喜ばしい記念日でもあります。
今・・・思い出しましても税金も少なくもっとも自由にお金を使える貴重な一年ですので、ご家族やお世話になった方々へ気持ちのこもったプレゼントをしてみるのもよろしいのではありませんか!?

 そのタイミングで NIKKOもお庭での安らぎと潤いある生活のお役に立てる 『ガーデンコンシェルジュブック St.4』 を1年半ぶりに発行させていただきます。
 プレゼントする側、される側におかれましても手作り感覚溢れるオリジナル製品を盛りだくさんに載せております、このガーデンコンシェルジュブックをご覧いただけましたら幸いでございます。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2014-2-13
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

今年は瀬戸内海が日本初の国立公園に指定されて80年、そして四国八十八箇所霊場が開創されまして1200年の節目を迎えております。
NIKKO本社もある香川県は日本一小さな県ではありますが、風光明媚な上お接待の精神が浸透しており、温厚な人柄も訪れる人たちには大きなホスピタリティとなっていると聞き及んでおります。
 映画「釣りバカ日誌」の浜ちゃんが高松赴任時代に釣りにはまりましたが魚種も多くアングラーズ垂涎の土地でもあります。

 さて、釣具に限らずキッチンガーデンなど屋外で洗物をする機会は増すばかりですが、今回は水跳ねも気にせず水遊びさえできてしまう水受けパンの進化型!? をご紹介いたします。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-12-17
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

“うだつの上がる町並み”
成功者の証として江戸時代には商家の屋根の上に立派な“うだつ”が上がったといいますが、どんなものかは実際見てみないとぴんとこないのではないでしょうか?!!

 NIKKOの生産工場からも近い徳島県美馬市は岐阜県美濃市と並んでうだつが競うように上がっているまるで時代劇のロケ地の様な風情ある街並みです。実際、山田洋次監督作品『虹をつかむ男』で脇町劇場は映画の舞台となりその後、市指定文化財として一般公開されています。パリの国立劇場外観に由来する別称「オデオン座」ですが、NIKKOでも皆様からのご愛顧でお陰さまで “うだつ”も上がり加減な立水栓ユニット 『コロル』 にフレンチレトロカラーに彩られたラスティックな新色が ・仲間入り ・ です!!

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-12-03
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

日本三大渓谷美というものがありまして、群馬県の妙義山・大分県の耶馬溪と並び香川県は小豆島の寒霞渓が名を連ねております。
瀬戸内海国立公園内にあるオリーブで有名な小豆島ではありますがこの時期は全国でも有数な紅葉の名所としても名を馳せております。

瀬戸内海に面して温暖な香川県はどこででも紅葉が見られる!といった場所ではありません・・でしたが今年は違います。11月から気温もぐ〜〜んと下がり、すでに氷も張っております。そのわりに日中は15〜16度ぐらいまで上がりぬっくぬくですので、この急激な温度差が美しい紅葉を生み出しているのではないでしょうか!!?

皆様方のお顔も赤らめるようなアッツアツにしていただく「讃岐うどん」もお付けする『NIKKO施工事例フォトコンテスト2013』発表です!!

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-10-02
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 讃岐地方のドラと太鼓の独特のリズムの秋祭りも先週末で一区切りがつき、神様方も皆様60年ぶり遷宮の出雲大社へとお向かいのことと思われます。本殿の傷みが進んだ際に行う隋破遷宮のため是非ともこの機会にお参りしたいものです。

参道は非常に珍しく下っています。真ん中のメイン通路は全国からお越しになった神様方がお通りになる道なので両サイドを歩きます。 
 お参りは新しく生まれ変わる力とよいご縁をお祈りして、縁結びの神様に相応しく“二礼→四拍→一礼”と相手の分まで行います。お賽銭は二重にご縁がありますようにと二十五円にいたしましょう!!

 さて、私どもも改訂いたしまして生まれ変わりましたWebカタログにて 更なるご縁をお待ち申し上げております。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-9-02
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 処暑を過ぎた頃から足早に秋めいてまいりまして、秋空にはうろこ雲が一面にひろがり道ばたにはピンク色のトラの尾が揺れだしております。
 のんびり散策するのにもいい気候ですのでさぬきの源平合戦の小径を現在開催中の「むれ源平石あかりロード」をたどりながら歩いてみるのもおつなものです。
 あまりにも有名な「那須の与一」が扇の的を射たとされる岩場も臨場感たっぷりにご覧いただけますし、現在でも人気の高い『義経』の逸話の中で弱く張った弓を敵に拾われ力の無さを露呈させないために命がけで落とした弓を拾ったという「弓流し」の場所もございます。

 わたしどもも、その情熱はいただきながらも、現状を皆様にご理解いただき、今後とも更なるサービスとよりよい製品のご提供を目指しまして、価格改定のお知らせを申し上げます。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-7-16
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 暑中お見舞い申し上げます!! ・・とは本日より申し上げてよいようでしてその言葉がぴったりの灼熱の太陽のもと、『 瀬戸内国際芸術祭 2013 』の夏会期が7月20日から開幕いたします。

 今回の目玉は、東京都庁や東京オリンピック会場であった代々木体育館の設計者である丹下健三氏の生誕100周年であり、その初期の傑作として名高い香川県庁東館自体が「 展示 」されます。1階にかけられている猪熊弦一郎氏のあでやかな陶板壁画に仰天し、剣持勇氏の椅子で癒されて現代アートにどっぷりと浸かっていただきたいものです。

 小豆島にはビートたけしさん構想の作品も出展される中、少し早めに本日より「NIKKO 施工事例フォトコンテスト 2013」も皆様方からのファインアートの応募を受付させていただきます。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-6-28
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 梅雨らしいと申しましたら時期相応の雨空が続いておりますが、今年の台風を見ておりますと、かなりスライスしてやってくるようでなかなか予測がつきません。

 昨年のように直撃されますと被害も甚大で大変ですが、毎年水不足でやきもきさせられる香川県といたしましては水がめである早明浦ダムが満ち足りてますと気分もなんだか潤いますww

 またこの季節はお中元商戦のスタートもあり最近はエアチケットばりに早割も登場しておりますが、注文用紙に“自宅使い”も並びちょっと豊かで満ち足りた気分にさせる自分へのご褒美といったところなのでしょうか?! NIKKOのこの製品もそんな理由でご用命をたくさんいただいているのでしょうか !!? ありがとうございます。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-5-23
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 年々春の期間が短くなり冬からすぐに夏に突入する感じがしておりましたが、今年の5月はまさに五月晴れが続き、夏日前後の過ごしやすい陽気に晴天率の高い讃岐地方はお花達で爛漫です。

日本昔話に出てくるようなおむすび山に目をやりますと、所々にうす紫色のお花をつけた大きな桐の木が飛び込んでまいります。
桐と申しますと・・・さぬき市志度は桐下駄の生産が日本一なんです。最近は夏祭りや花火見物に女性達のネオ浴衣が流行しておりますようで、素足の足元もかわいい鼻緒でフェイスリフトしたモダンな下駄が大人気だそうです。

ずい分と長い間お待たせいたしておりましたが、立水栓ユニット「フォレット」もフェイスリフト!!していよいよ新発売です。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-4-18
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 穏やかな瀬戸内海に面したNIKKO本社もあるさぬき市志度は、日本のダ・ヴィンチと呼ばれる平賀源内の故郷でもあります。
彼が中世イタリアに生まれていたなら間違いなくルネサンスの巨人として人類の歴史に名を刻んでいたに違いない!!といわれるほどのあらゆる分野に才能を発揮しておられた様です。

エレキテルをはじめとして石綿・万歩計・寒暖計の発明や正月の縁起物「破魔矢」の考案。面白いところでは “土用の丑の日は鰻を食べると元気になる”という夏の呪文?!も源内が蒲焼屋の友人に頼まれたコピーだというのだからなんだか親近感がわいてきます。

 そんな源内でも地震予知計は発明できなかったわけですから・・・予想される震災へは日ごろの備えが大切だということでしょう。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-3-15
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 桜の開花も近くなり『瀬戸内国際芸術祭2013』が3月20日に開幕いたします。初回の2010年は来場者30万人を予想していたところ93万人の方が日本一小さい香川県にやってこられ大盛況でした。香川県は実はアーティステックなフレーバーがそこかしこに漂っている!?のかもしれません。
例えば、県庁は新旧ともに世界のタンゲ・丹下健三氏の代表作ですし、現代の巨匠・安藤忠雄氏の地中美術館も有名ですが、今回はその直島にご自身が手掛けられた建築模型や図面を紹介した 『 ANDOMUSEUM 』がオープンします。 また、横尾忠則氏の美術館 『 豊島横尾館 』も目玉のひとつです。 他にもイサム・ノグチの住いとアトリエ跡の『庭園美術館』もこの機会に是非、足を運んでいただきたいものです。

そんな土地で育まれたNIKKOの 『 Premium Walling Products 』ちょっと特別な製品をWeb専用カタログでお確かめくださいませ!!

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-2-12
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

立春もすぎ、受験生をもつご家族の皆様にとりましては、ここまできますと・・・もはや神頼み!といった心境ではないでしょうか?!

 受験のお守りとして咲ききっても花びらが散らない「マーガレット」が「落ちない花」としてにわかに注目を集めております。
香川県の三豊市はその「マーガレット」の生産が日本一でしかも、讃岐国府にはあの学問の神様で名高い「菅原道真公」が讃岐守として赴任しておられた場所柄ですのでご利益もたっぷりなのでは?!

 結果が楽しみと申しますとwebカタログをUPいたしましてから一番ご覧頂いている製品は何なのか?道真公のご利益かガーデンプラン配信サイト「エクスプラット」の1月ページビューでもその製品が入ったプランが一番ご覧いただいておりました。  ありがとうございます。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2013-1-10
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

2013年!!日本をはじめ周辺諸国の体制も刷新され、世の中が大きく動き出す期待感と共に新しい年が始まった感じがいたします。

 今年度は東京に634mもある電波塔としては世界No.1でギネス世界記録にも認定されたスカイツリーがオープンしまして、大変な賑わいだと聞いております。 NIKKOももてる開発力と技術力でこのスカイツリーを見上げる足元にプレキャストコンクリート製ベンチを総延長で165mにわたり設置させていただきました。

 スカイツリータウンにお越しの際には、スカイアリーナの長〜いベンチに腰を下ろして天空に突き抜ける壮大なスカイツリーを存分にお楽しみください。・・寒風に体が冷えましたら同じく讃岐代表“うどん本陣 山田家 ソラマチ店”もお待ち申し上げております!

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2012-12-14
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

地中海気候!?・・・とは名ばかりの厳しい寒波が押し寄せている香川県ですが、皆様の地方はいかがでしょうか?! お風邪など召されていないことを願っております。

 さざんかの花が冬枯れの街並に色をさすようになりますと瀬戸内海の志度湾では海の幸である牡蠣を豪快に鉄板焼きで頂く“牡蠣焼き”が旬をむかえます。
1メートル四方もあろうかというビックな鉄板にスコップで殻付きのまま大胆にほうり込まれた捕れたての牡蠣は・・・食べ放題!!

 野趣溢れる志度湾の牡蠣焼きは四国まで来られないと体験できませんが、どこででもスマホ&タブレット端末でもご覧いただける『ガーデンコンシェルジュ e-book』アツアツのうちにお試しください。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2012-12-3
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
今年もいよいよあと一月足らずでうるう年の一年が終わろうとしております。四国ではうるう年に八十八箇所の札所巡りのお遍路を逆に廻る「逆打ち」で巡礼するとご利益が多いといわれております。
 大震災があってからか、はたまた世の中がなかなかうまく廻らないからなのか、NIKKOの工場も近い八十八番札所の大窪寺はいつもの年よりも賑わっていたように感じます。

 もうひとつ、大窪寺には「打ち込みうどん」という独特のうどんがあり、身体を温めてからスタートするのにも打ってつけです。
 うどん県・香川の美味しいさぬきうどんもお付けする「NIKKO施工事例フォトコンテスト2012」受賞者発表です!!
logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2012-11-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
 11月1日は色んな記念日が設けられておりますが「灯台記念日」でもあります。NIKKO本社からも瀬戸内海国立公園の美しい海は眺められますが、ここは海原における船の案内役である灯台に敬意を表しながら、NIKKOもお庭づくりの良き案内人となるべく丁度一年ぶりにいよいよ『ガーデンコンシェルジュブックSt.3 2012-2013』を発行させていただきます。

 今回のテーマは「お家リゾート・お庭で作って食べようよ!!」の下、お庭で楽しめる新製品もたくさん加えまして皆様方にご覧いただきますことを楽しみにしております。
 余談ですが・・・本日は「本格焼酎の日」でもあります。乾杯!!
logo 続きはコチラ!!
■『NIKKO 施工事例フォトコンテスト2012』たくさんの素敵な作品をご応募いただきまして心より御礼申し上げます。入賞発表は12月3日(月)にメルマガ配信を予定しております。
 
mail_mag
■ 2012-10-12
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 秋の薫りの代表選手といえば・・・金木犀ではないでしょうか?! 一週間足らずの間ではありますが、甘く濃厚な香りが足早に深まる秋の気配を漂わせてくれます。
 金木犀も今では日本全国の庭先で育てられていますが、樹齢1200年を超える国の天然記念物があるのをご存知でしょうか!?
 静岡県は三島にある三嶋大社の日本最古にして最大の金木犀です。香りも実に穏やかでやさしいものです。
 気分が豊かになった次は・・・三島といえば湧き出した富士の雪解け水で打たせた鰻がつとに有名です。鰻も実は夏よりもこれからの秋、特に11月頃が油が乗って一番美味しいそうですよ!!

 そろそろ実りの秋のNIKKO製品のご紹介に入りましょう。

logo 続きはコチラ!!
■NIKKO施工事例フォトコンテスト2012の募集締切りがいよいよ今月末日に迫ってまいりました。出来立てほかほかの自信作のご応募お待ち申し上げております。
logo 詳しくはコチラをご覧ください。
 
mail_mag
■ 2012-10-4
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 ここのところグッと秋めいてまいりまして、服装と共にガーデンの主役たちもコスモスや萩など澄みわたった青空に映えるスマートなお花たちで色づいております。
 猛暑だったことを忘れるぐらいに涼しくなると、お庭の手入れもしやすくなり、キッチンガーデンへの種まきや伸び放題のお花たちの樹形を整えたりで庭仕事も忙しくなります。

 そこで「ガーデンコンシェルジュブック 2012-2013」発行を控えました今回は、そんな皆様方におすすめのガーデンシンクの新製品を一早くご紹介いたします。

logo 続きはコチラ!!
■NIKKO施工事例フォトコンテスト2012の募集締切りが今月末日に迫ってまいりました。自信作のご応募お待ち申し上げております。
logo 詳しくはコチラをご覧ください。
 
mail_mag
■ 2012-6-25
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

 西欧諸国の宰相がこぞって観戦に出かける4年に一度の『サッカーワールドカップ』はその権威を維持するためにオリンピックですら年齢制限を定めているのですから、歴史と文化で彩られている世界最大のスポーツの祭典です。
  一方現在開催中の『ユーロ2012』はクオリティの高さではワールドカップを凌ぐとも言われており、そのパススピードの速さとボールさばきの基本技術の高さは驚くばかりです。

  NIKKO「ガーデンコンシェルジュブック2011-2012」は過去3年間の「施工事例フォトコンテスト」応募作品約2500点より選りすぐりの約90点を掲載させていただいております。 

  今年も一歩一歩高みを目指して募集開始いたします。

logo 続きはコチラ!!
 
mail_mag
■ 2012-6-4
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 

春から初夏にかけて一年で一番ガーデンがお花たちで華やぐ薫り高い季節が今真っ盛りです。
薔薇の甘い香りが街路にまで立ちこめ、クレマチスの繊細なフォルムにして鮮やかな色彩が新緑の中に灯り、梅雨の季節を前に大柄な百合たちが日に日に蕾を大きく色付かせてゆきます。

さて、そんな美しいお花を楽しむためには蕾が大きくなる頃の充分な水やりが欠かせません。今回はそんなガーデンのお手入れに最適な「ミニ水栓柱」をご紹介いたします。
また「ミニ水栓柱」を出展いたしました「エクステリアフェア2012in九州」の模様も報告させていただきます。

logo 続きはコチラ!!
 
■ 2012-3-28
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
今年の冬は例年になく雪も多く寒さも厳しかったせいで、各地の桜の便りも遅れがちではありますが、春分の日を過ぎ新年度に向け陽光がキラメキだすと地中温度もグ〜ンと上がり年末に植え込んだチューリップやユリたちが一斉に頭をもたげ始めます。

動き出した春先のファサードを彩るお花たちには、硬質な素材よりもナチュラルな素材を組み合わせる方が、お庭全体がソフトで気品ある雰囲気に仕上がります。
さし色は色とりどりなお花たちに任せるのがよろしいでしょう。

そんなガーデンにぴったりなアイテムが『再生可能資源』をコンセプトに開発された“熱可塑性木質複合木材レヴウッド”です。
続きはコチラ!!
 
■ 2012-2-14
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
2月14日はセントバレンタインデーです。
最近は女性がお互いに送りあう “友チョコ” や男性が女性に送る-西欧ではこれが本当らしい−“逆チョコ” など色んなバリエーションが出てきて、独り身の男性にはさらに冷たい逆風になってしまっているようで、頑張らねばなりません。

さて、NIKKO製品もよくお菓子に似ていると評されることがあり、今回ご案内する「リアルウッドランバーシリーズ」も板チョコやスティックチョコのように見えてなんだかとても美味しそうです。

それでかどうか?!全国にへヴィーユーザー様がたくさんおられるこの製品の施工事例を先のフォトコンテストからご紹介いたします。
美味しそうかどうかご自身の目でお確かめください。
続きはコチラ!!
 
■ 2011-12-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
2011年7月1日より10月31日までの期間で美しい施工事例写真の募集を行ってまいりました『NIKKO施工事例フォトコンテスト2011』の受賞作品が12月1日(木)に決定いたしました。

今年は東日本大震災後の復旧急な中でのコンテストということで、作品を応募いただけるものかと心配しておりましたが、お陰様をもちまして全国から829点もの画像が寄せられましたことを心より御礼申し上げます。
その素晴らしい作品の中から最優秀賞-1作品・優秀賞-2作品・特別賞-3作品・入選-30作品を発表させていただきます。

最後になりましたが、日頃よりNIKKO製品をご愛顧いただき、素敵なお庭をお造りいただきましたことに厚く御礼申し上げます。
続きはコチラ!!
 
■ 2011-10-7
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
ずいぶんとお待たせしておりましたが、いよいよ1年半ぶりの新カタログ『ガーデンコンシェルジュブックSt.2 2011-2012』の発行がやってまいりました。

この間2011年3月には、歴史的にも最大級の津波が押し寄せ、甚大な被害がありましたが、そのことで海をいたずらに避けたり、子供たちが海の素晴らしさを感じ取れなくなったとしたら、そちらの方が大きな悲劇なのです。
ですので、今年の表紙はあえて海をテーマに、海のある生活の楽しさをお伝えしようと、デザインさせていただきました。

このカタログをご覧いただき、少しでも夢ある生活を感じ取っていただけましたら、幸いでございます。

また、今週東京で行われました展示会の模様も速報として掲載させて頂いております。
続きはコチラ!!
 
■ 2011-9-16
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
次期「ガーデンコンシェルジュブック2011-2012」の完成が近づき、今回は掲載製品の中から積みブロックの新製品をいち早くご案内申し上げます。

お陰様をもちまして、最近はガーデン製品のNIKKOといわれることも多くなりましたが、ここはひとつ「化粧ブロックのNIKKO」の初心にもどり、スタンダードタイプとして定着しております「幅40cm積みブロック」を開発いたしました。

その他にも楽しくNIKKOらしい新製品盛りだくさんで
・・・いよいよ・・・10月初旬発行予定です!!
続きはコチラ!!
 
■ 2011-6-27
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
このたびの東日本大震災により被災されました皆様の一般生活もままならぬ時に、施工事例フォトコンテストを開催すべきか苦慮いたしましたが、美しい日本の情景は、幾度となく降りかかってきた災難を乗り越えて生かされてきていることを信じまして、また皆様の御顔に微笑という心粧が戻りますことを祈念いたしまして開催することといたしました。

何気ない生活のシーンの一断片から、モノ創り日本を支える“匠の技”まで見ていて元気が出るような御自慢の一枚をふるってお寄せください。

また、大盛況で終了いたしました、『関西エクステリアフェア2011』の出展風景も添付させていただいております。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2011-6-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
前回のメールマガジン発行の3日後に東日本大震災が日本全土を襲い、多くの尊い命が一瞬の間に奪われました。
未だに生死が不明なご家族が大勢おられる現状を慮りますと胸が詰まる思いです。
改めまして被災された皆様方に心よりお見舞い申し上げますとともに、長く辛抱強い復興への道のりを日本国民の強い絆で乗り越えていきましょう。

さて、海外のメディアでも今回の大震災を通じて、日本人の我慢強い国民性が大きく報じられておりますが、いやいや人間だけではありません。
私どもの本拠地・香川県にも夢を抱き叶えるために長い間頑張ってきた一匹の可愛いワンちゃんがおりました。
警察犬「きな子」・・・さんです。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2011-3-8
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
3月は花咲月と言う別名もありますように、日本各地で三寒四温を繰り返しながらゆっくりと無彩色の風景から桜色に色づいてゆきます。
冬枯れしていた路地のクレマチスも芽吹きだし、いよいよ春の到来です。

さて、水も温むと体も動きだし、少し胴回りが気になりだした御仁方は今年こそは身の丈にあった身体に変身すべく、生活習慣を改善しようと決意も新たに取り組まれておられるのではないでしょうか!?

皆さま! 実は日本もかなり"メタボ"だと言うことを御存じですか?
今回は、そんな日本の環境改善について考察してみます。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2011-1-12
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
お陰様をもちまして当メールマガジンも3年目をむかえさせていただきます。
これからも皆様方にいち早く新鮮な情報をお知らせしてまいりますので、変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
さて、新年第一号ですので、ここはやはり新製品情報からお届けいたします。

2010年に既存の水栓の上から被せるタイプのリフォーム用水栓柱を発売いたしました。
思いの外、好評をいただきましたが、皆様方からの更なる改良のお声をいただき今回、早速完成させてご案内させていただきます。
どこがどう変わったのか・・・
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-12-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
いよいよ2010年も師走がやってまいりました。
文字通り駆け回るほどの活気ある忙しい年末になってもらいたいものです。
そこで今回はNIKKO製品の中でもお陰様をもちまして忙しくさせていただいております“立水栓ユニット”の素敵なご採用事例を先月発表を終えた『NIKKO施工事例フォトコンテスト』より紹介させていただきます。

また、最近ご覧になった方も多いと思われますが、新聞の全15段広告やTVCFでCANONさんが神戸六甲麻耶山からの夜景ならびに宝石を敷き詰めたような遊路をモチーフにデジタルカメラのPRをされています。
眩いばかりの輝きで日本三大夜景を盛り上げているのが弊社取扱の『蓄光石』です。
現在のガーデン&エクステリア総合カタログである“ガーデンコンシェルジュブック”でもまさにその現場をご案内中ですのでこの機会にご自宅にも天の川なんぞいかがでしょうか!?
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-11-2
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
2010年6月21日より2010年9月30日までの期間で美しい施工事例写真の募集を行ってまいりました『NIKKO施工事例フォトコンテスト2010』の受賞作品が11月1日(月)に決定いたしました。

昨年以上の力作に、今年は最優秀賞-1作品・優秀賞-2作品・特別賞-3作品はもとより、入選-全30作品も誠に小さな画像で恐縮いたしますが発表させていただきます。

入選作品以外にも素晴らしい作品が数多く、今年度に制作するリーフレットや、来年のガーデン&エクステリア総合カタログで掲載させていただいたり、お宅に撮影でお邪魔したりいたしますので宜しくお願い申し上げます。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-10-5
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
秋の長雨とは言いますが、一雨ごとにグッと涼しさが増してきております。  週末からは、たちこめる金木犀の花香に秋の気配の深まりを感じます。

さて、お陰様をもちまして『NIKKO施工事例フォトコンテスト2010』には昨年を大幅に上回る1,000点以上の画像の応募をいただき、まさに実りの秋となりましたことを心より御礼申し上げます。
現在、1点1点慎重に入賞作品の選定に入らせていただいておりますが、今回は、気になる新製品事例の応募画像をいくつか紹介させていただきます。
金木犀などのメインツリーと並んで、今や『住いの顔』といえば、機能門柱が欠かせないアイテムとなっております。

さて!皆様方はどんな風にアレンジされてお使いになられていることでしょうか?!
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-9-3
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
残暑お見舞い申し上げます。

朝の街路には真っ黒に日焼けした子供たちの元気な声が戻り、長かった夏もそろそろ終わりを告げる頃合ではありますが、今年に関してはそうも言っておられません。
人間は暑ければシャワーも浴びれるし、涼しいエアコンもありますが、庭先の草花たちは雨を待つか水遣りされるのをじっ〜と待っているのです。
今年は夕立も少なく大地が焼けておりますので、ジョーロ程度ではこの乾きに追いつきません。
ここは思い切ってホースリールのシャワーでたっぷりと散水してあげましょう。

ここで活躍するのが、ホースリールに常時接続しメインの蛇口を空けておける立水栓の補助蛇口仕様。
使い勝手の良さから皆様よりリクエストいただき今春の新製品中心にラインナップ追加いたしました。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-8-2
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
暑中お見舞い申し上げます。

皆様。。。ご自愛なされてますでしょうか?!
何年かぶりかで「梅雨明け当日宣言」があってからの猛暑はここで言うまでもありませんが、そんな酷暑の中でも一雨あるとずい分過ごしやすくなり、体のダメージも和らぎます。
そこで今回は、そんな蒸発散効果を毎朝行ってくれる植物たちを身近に感じていただける今春発売いたしました緑化ブロック『ランスプラント』のご採用事例を紹介させていただきます。

街の景観を彩りながら・・・同時に地球もクールダウン!!
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-6-21
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
ひとつのきっかけが、その後の人生に大きく影響する!!
サムライジャパンを見ていて、勝つと負けるとではこうもその後の周囲の期待感や選手や監督に対する環境が変わるものかと驚くばかりです。
それもこれも世界最大のお祭りである「サッカーワールドカップ」のなせる業ですが、ニッコーエクステリアも微力ではありますが、そんな「きっかけ」の一助となりますよう『施工事例フォトコンテスト2010』を開催いたします。

お陰様をもちまして、今年度カタログ『ガーデンコンシェルジュブック』には皆様方より寄せられましたきらめく作品がいっぱいで、カタログにも輝きをいただいた思いがしております。
今年も と〜〜っておきの一枚をお待ち申し上げております。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-6-2
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
日本では一年の中で最も緑が輝く6月ですが、世界に眼をやるといよいよ 4年に一度のサッカー「ワールドカップ」が開催されます。
テクニックの重要度もさることながら、やはり基本のフィジカルが何と
言っても大切でここ一番でモノを言うのは前回大会を見ても明らかです。

さて、アスリートばかりではなくメタボを吹き飛ばせとばかりに、巷は
ランニングをする人の数がめっきり増えております。
今回は、そんなランナーの足元を軽やかに彩るデザイン舗装材のご紹介です。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-3-23
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
春一番も吹き終わり、時ならぬ雪に身震いしながらも少しばかり顔を
上に向けると、木蓮も膨らみ始めいよいよ春の到来です。
三寒四温でゆっくりゆっくり桜の開花に向かうこの時期は一年の内で最も心躍る生活全般の刷新の季節でもあります。
NIKKOエクステリアも新しいカタログの発行をむかえ皆様方にいち早くご案内いたします。
今年度は何年かぶりに「施工事例フォトコンテスト」も開催し、その入選現場も数多く掲載させていただきましたので、お陰さまで紙面も華やぎました。
カタログ名称も皆様方のお庭作りのよき案内人となるべき「ガーデンコンシェルジュブック」と命名し、新製品も多数掲載いたしております。
このカタログをご覧いただいた皆様方に、わずかばかりでもお庭での安らぎと、潤いある暮らしを夢見ていただけることを心より祈念いたしております。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2010-1-28
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
今年はことのほか温かい大寒を過ぎ、路地のスノードロップや水仙も 可憐に揺らめいています。
今の時期はお庭も冬枯れで殺風景になりが ちですが、早春を彩る「ラナンキュラス」「アネモネ」「ポピー」といった育つ姿が愛らしい花芽が付いた苗を植えますと春までたっぷり・ ゆっくりと楽しむことができます。
そこで、新年最初の今回は、コンクリートやレンガ・石材等で覆われがちな塀や駐車スペースをグリーンでコーディネイトできる素敵な 製品のご紹介をいたします。
地球温暖化防止も毎日の生活の中で、潤いをもたらしながらできたら素晴らしいことです。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2009-12-04
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
2009年8月より2009年10月31日までの期間で美しい施工事例写真の募集を行ってまいりました 『NIKKO施工事例フォトコンテスト2009』の受賞者が12月2日(水)に決定いたしました。
どの現場もお施主様の夢を細部にまで具象化した素晴らしい作品が多く寄せられ、受賞作品も選定に最後の最後まで苦慮いたしました。
発表させていただく作品は3点ではございますが、来年度の新カタログには皆様から寄せられました素晴らしい作品で紙面が華やかに賑わうことでしょう。
最後になりましたが、心より御礼申し上げます。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2009-11-25
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
これから益々ひんやりしてくる季節ですが、最近は冬場にかけての草花の種類も豊富ですし、また来春の華やかなガーデンを彩る球根の植え付けにもちょうどよい時期になってまいりました。
そんな色々な作業になくてはならないモノと言ったらやっぱり水場。
NIKKOの主力製品である「水回り製品」に今年は後半にも新しい 製品をラインナップいたしました。
現在の水栓柱を簡単にリフォームできる製品から、皆様からのお声でリニューアルした「ガーデンシンク」、そしてよりコストダウンした「ペット用シャワー」までシーンに合わせて毎日の生活に潤いを もたらす「水回り製品」をお選びください。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2009-10-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
休日の爽やかな朝や暗くなってからも散歩や軽いジョギングを する人が今年に入ってから増えてきた気がしております。
高くなった空の下、秋の七草が出揃い、もうしばらくしますと、金木犀や秋のバラの甘い香りに誘われて、街並散策気分で出歩きたい人も多いのではと想像されます。
一人では心もとないのか?! ご夫婦であったり、お友達と数人で早足でのウォーキングもよく見かけます。
内情は久々の健康診断で運動不足の指摘があったのかなと自分に置き換えて勘ぐってみたりしてますが、そんな時の絶好のお供がワンちゃん。
さて、第3号の今回の話題は、すでに15歳未満の子供の総数を上回った現代の『ペット社会』 についての考察です。
続きは下記URLよりご覧下さい。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2009-9-15
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
2009年はカーボンオフセット=いわゆる二酸化炭素25%削減を
世界に向け発信し、どのようにして適えてゆくのかを国民の
生活レベルで真剣に取り組む時代に突入した記念すべき年に
なりそうです。
一方、環境異変によるゲリラ豪雨で大きな被害が北九州・中国
地方で出て改めて自然の力の大きさと、それを前にした時の
なすすべもない人間の小さな力を痛感しております。
しかしながら、普段の生活から一人ひとりが防災の認識をもち
準備を怠らねば、大きな脅威にも対抗できることが間々あります。
さて、第2号の今回の話題は、
『 災害を食い止め、エコロジーな生活にも役立つ-貯水タンク』
のご案内です。
続きは下記URLよりご覧下さい。
続きはコチラ!!
 
ニッコーエクステリア・メールマガジン PDFへ
■ 2009-8-1
 NIKKO EXTERIOR MAIL MAGAZINE 
ニッコーエクステリアのメールマガジン会員の皆様!
今月から、旬の話題や新製品情報などタイムリーにお届けしてまいります。
ホームページも新製品を満載し、リニューアルしておりますのでご覧下さい。
さて、第1号の今回の話題は、
『 NIKKO 施工事例フォトコンテスト2009 』開催のご案内です。
続きは下記のリンクよりご覧下さい。
続きはコチラ!!
 
メールマガジン申込
line_green
PDFファイルをご覧いただくためには アドビ(アクロバット)リーダー【無償】が必要です。
Adobe (Acrobat)Readerのサイトからダウンロードしてください。
line_gray
allow 事業案内 allow 取扱商品 allow 会社概要・沿革 allow 事業所案内 allow 全国販売店リスト allow お問合せ allow Topに戻る
line_gray
Copyright(C) 2009 NIKKO EXTERIOR,.CO.LTD. All Rights Reserved.
事業案内 取扱商品 会社概要 組織図 全国販売店リスト WEBカタログ Top戻る